• ホーム
  • ハイドロキノンの副作用と注意点について

ハイドロキノンの副作用と注意点について

肌がきれいなので嬉しくなる女性

美白効果のある成分といえば、筆頭にあがるのがビタミンCでしょう。
ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑制する作用があるため、シミの防止には有効に働きます。
しかし、すでにできてしまっているシミに対しては、あまり高い効果は期待できません。
プラセンタやコウジ酸、アルブチンなどの成分も同様です。

そこで最近注目されているのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンはメラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑制してシミを防ぐほか、すでにできてしまったシミにも高い効果を発揮します。
主にクリニックでシミの治療に使われていますが、化粧品にも配合されているものがあります。
ただし低濃度なので、より高い効果を求めるのであればクリニックで処方してもらうのがよいでしょう。

ハイドロキノンは効果の高さゆえに使用上注意しなくてはならない点もあります。
まず、紫外線は絶対に避けること。
メラニンは本来紫外線から肌を守るために作られるものですが、ハイドロキノンを使用するとそれが作られなくなってしまうので、肌を守れなくなってしまうのです。
また、刺激が強いので肌の弱い人は注意が必要です。
あらかじめ化粧水などで肌を整えてから使うとよいでしょう。

また、副作用についてですが、ハイドロキノンの副作用としては白斑やかぶれ・ヒリヒリ感などがあるとされています。
白斑は肌の一部が真っ白になってしまう症状ですが、用法・用量をきちんと守らないと発症してしまうことがあるので注意が必要です。
特に高濃度のものは長期連用は避けましょう。
赤みやヒリヒリ感などの副作用が出た場合はすぐに使用を中止し、医師の診察を受けましょう。
肌に合うかどうか、あらかじめパッチテストを行っておくのも大切です。