• ホーム
  • シミにはハイドロキノンとトレチノインの併用が効果的

シミにはハイドロキノンとトレチノインの併用が効果的

肌の問題を気にする女性

トレチノインとハイドロキノンは高いシミの改善効果がありますが、どちらの成分とも刺激性が高いため、併用する場合は正しく使用することが大切です。

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、肌のターンオーバーを促進することで、肌内部にあるシミを排出させるという働きがあります。
肌は一番外側に角質層があり、その下に表皮、真皮と層になっています。
肌内部にできたシミは、表皮近くにあるシミに比べて、外用薬などの有効成分が浸透しにくいため改善は難しいとされていました。
しかし、トレチノインは肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーを促進することで表皮細胞を生まれ変わらせて、古くなった細胞とともにシミを無くすことができるのです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われる成分で、トレチノインとは違う働きによって美白効果をもたらします。
トレチノインは、ターンオーバーを促進することで、できてしまった肌内部のシミを排出させる働きがありますが、ハイドロキノンはシミがつくられるシステムに働きかけるといった違いがあります。
ハイドロキノンは、シミをつくりだすメラノサイトという細胞とチロシナーゼという酵素の働きを抑制することで今あるシミを排出するだけではなく、これからできるシミを予防するという働きがあるのです。

また、トレチノインとハイドロキノンを併用することによって、ハイドロキノンが肌内部に浸透しやすくなるというメリットがあります。
ハイドロキノンは単体で使用しても浸透が悪いという特徴がありますが、トレチノインと併用することで浸透しやすくなり、より高い美白効果が得られるわけです。
相乗効果でシミに効果的ですが、刺激性がある成分なので正しく使用しなければなりません。